新幹線に乗った時のエピソード

新幹線には、子供の頃から帰省のたびに乗っていました

新幹線には、子供の頃から帰省のたびに乗っていました。
一番覚えているのは、35年くらい前の小学生の時です。

当時の新幹線には、食堂車と販売車が必ず真ん中にありました。
東京−大阪間は3時間半と、今とそれほど変わらない時間でしたが、子供には退屈なものです。
母は、そんな私を退屈させまいとしたのでしょう。もしくは、たまたまだったかもしれませんが、乗った時間がちょうどお昼時でした。
最初は嬉しくて車窓を眺めていたりしていましたが、案の定私はすぐに飽きてしまいました。

そんな私を見計らって、母は私を食堂車へ連れて行ってくれました。
移動中の車内で食べる食事。ワクワクしないわけはありません。食べたメニューは覚えていませんが、おそらくお子様ランチだったと思います。特別な旅行気分を味わえて、すごく嬉しかったのを覚えています。
もうひとつ、新幹線に乗って楽しみなのは、車内販売のアイスクリームです。
新鮮な牛乳と卵で作られた高級アイスを買ってもらって席で食べるのが、いつも楽しみでした。

Copyright (C)2017新幹線に乗った時のエピソード.All rights reserved.