新幹線に乗った時のエピソード

新幹線は何度も乗っていますが

新幹線は何度も乗っていますが、これまでつまらないなどと思ったことはありません。それもそのはず、何と言っても新幹線はスピードが速くて、飽きている暇などないのです。
新幹線は本当に快適な乗り物です。

これまで様々な形で利用してきましたが、記憶に残る思い出が3回ほどあります。1度目は、3ヶ月の我が子を乗せた時のことです。
その時も乗車時間が短かったので、泣かずに済みました。
むしろ、その後の飛行機でぐずって泣いたくらいです。

2度目は、残り短い命の母と田舎に行った時です。
母はどうしても田舎に行くのだと言ってきかず、最後の望みを叶えるため、心配しながら新幹線に一緒に乗って行ったのです。
母はとても苦しそうにしながらも嬉しそうで、とても喜んでくれました。
それも、新幹線のスピードのお陰だと思っていました。

3度目は、私は1人でした。
母のお墓参りに行き、行きは車でしたが私だけ用事があったため、1人で新幹線で帰ってきたのです。
その時はとても不思議な気持ちになりました。
なんだか懐かしさと切なさと、複雑な気持ちが入り混じっていたからです。

そんな思い出を、新幹線に乗る度に思い出すことが出来るのは幸せなことです。
こんなに素晴らしい乗り物がある日本に生まれて良かったと思っています。

Copyright (C)2017新幹線に乗った時のエピソード.All rights reserved.