新幹線に乗った時のエピソード

新幹線は95%は信頼できる乗り物ですが

新幹線は95%は信頼できる乗り物ですが、タイミングが悪いと残り5%にひっかかることがあります。
夫が乗った東北新幹線は、運悪く震度5弱の地震で途中で停止し、8時間も車内に閉じ込められたとか。それ以来、東北新幹線に乗ろうとしません。私と子どもたちも、未だかつてない大雨のせいで新幹線が止まってしまい、全く予定していなかった仙台駅で降ろされてしまったこともありました。

その時は、結局、仙台のビジネスホテルに泊まって、翌日の高速バスで目的地に向かったのですが、珍しい経験となりました。
初めて降りた仙台駅は、思っていたより都会で、子どもたちも不慮のハプニングにもかかわらず、ショッピングなどで楽しんだようです。
牛タンやずんだ餅、ずんだ味のたい焼きなんかもあって、思いがけず楽しい冒険をしたような思い出となりました。

もっと過去には、東海道新幹線でN500系が故障のため、名古屋で別の新幹線に乗り換えるはめになったこともあり、新幹線でのハプニングは結構な割合で経験させてもらってます。色々あったので、もはや何があっても驚かない、新幹線の旅かもしれません。

Copyright (C)2017新幹線に乗った時のエピソード.All rights reserved.